アプリギルドお知らせ

Admobを実装したiOSアプリがビルドできない問題の解決方法

この記事ではAdmobを有効化してiOSアプリをビルドした際に画像のようなビルドエラーが表示される問題への解決策を紹介します。

... doesn't support the In-App Purchase capability.

バンドルIDがIn-App Purchaseに対応していないというエラーになります。

iOSアプリを作成する際に、アプリ固有のバンドルIDというものが必要になります。

カリキュラムでは、複数のアプリをリリースする前提で内容を整えているため、ワイルドカードを使ったバンドルID(net.jp.apps.yourname.*)の形式を推奨していますが、ワイルドカードバンドルIDだとAdmob広告が利用できません。

以下の手順に沿って、固有のバンドルIDを利用したプロビジョニングプロファイルを作成し、Admobに対応したiOSアプリをビルドしてください。

以下の手順は開発者登録とCertificatesの登録が済んでいる前提で進めています。他の手順が済んでいない方はマニュアルを参考に手順を完了させてください。

Admobに対応したバンドルIDを利用してアプリをビルドする手順

App ID(バンドルID)を作成

iOS Dev Centerにログインして、Identifersメニューから固有のバンドルIDを取得しましょう。

プロビジョニングプロファイルを作成

次にProfilesメニューを開き、+マークから新しいプロビジョニングプロファイルを作成します。

画像の流れに沿って進めてください。

リリース用ビルドなのでApp Storeを選択

これ以降は悩む箇所はないと思います。

Certificatesを選択してcontinue
プロビジョニングプロファイル名を入力
アプリ固有になるのでアプリ名を入れるといいかもしれません

上記の手順でGenerateしたプロビジョニングプロファイルをダウンロードしてください。

プロビジョニングプロファイルをmonacaに登録

では、ダウンロードしたプロビジョニングプロファイルをmonacaに登録します。

monacaのIDEを開いて[設定] – [iOSビルド設定]を開きます。

手順を済ませておけば、秘密鍵や証明書のアップロードは済んでいるはず。「プロファイルのアップロード」から先程作成したプロビジョニングプロファイルを登録してください。

登録したプロビジョニングプロファイルが一覧に掲載されていたらOKです。

固有のプロビジョニングプロファイルを利用してiOSアプリをビルド

あとはビルド時に先程登録したプロビジョニングプロファイルを選択してビルドすればビルドが成功します。

お詫び

コロナの影響でアプリビジネスが活性化したみたいで、最近は技術的な質問が増えたような気がします。

それ自体は嬉しいことなのですが、テレワーク運用ということもありサポートや通常業務に普段よりお時間を頂いております。

マニュアルなども随時更新していきますが、先立って本記事で紹介させていただきました。

ドキュメントの更新はしばらくお待ち下さい。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒宜しくお願いします。

ABOUT ME
上田幸司
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。ただ今LINE@フォローで「誰でもアプリメーカー」+「副業ビジネスガイドブック2020」を配布中! 詳しくはこちら → https://line.japan-asp.com/lp/aso/450a
大副業時代を生き抜く!ための「ネットビジネス講義」

多くの副業難民を救ったアプリビジネスのノウハウの集大成を完全無料で公開!
運営実績5年以上、指導実績1200名を超えて月収100万円以上の実績者を多数輩。

最高月収867万円達成者も語る「時間」や「場所」に縛られない理想的な副業ライフを手に入れるための特別レッスンを今すぐ受け取ってください!

記事への質問や疑問があればお気軽にコメントをください↓

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です