アプリギルドお知らせ

Googleセキュリティーアラート解除方法

Googleセキュリティーアラートの解除方法をご紹介します。

GoogleDeveloperConsoleにログインし、
アプリの項目の横に黄色のビックリマークがついているものは、
Monacaの設定よりCLIバージョンを「5.2.0」にして、
アプリをアップデートするという対応を行ってください。

すべてのアプリ_-_Google_Play_Developer_Console

そのやり方を今からご説明致します。

まず、Monacaにログインし、
該当するアプリのMonacaプロジェクトを開き、「設定」をクリックします。

test2_-_Monaca

次に「Cordovaプラグインの管理」をクリックします。

test2_-_Monaca

下図のような画面になりますので、CLIバージョンの「5.2.0」を選び「選択」をクリックします。

test_-_Monaca

下図のような画面が出現しますので「OK」をクリックします。

test_-_Monaca

次に下図のような画面が出現しますので「OK」をクリックします。この時Backupのプロジェクトが自動的に作成されます。
※Backupのためのプロジェクトを作成出来ない場合、この処理が完了できませんので、Backup用のプロジェクトの枠を残しておいてから作業をしましょう。

test_-_Monaca

これでCLIバージョンを「5.2.0」にできました。

Androidアプリ設定からバージョンの数字を1つ上げて、ビルドしたものをGoogleDeveloperConsoleでアップデート作業を行ってください。

アップデート作業が完了してから24時間くらい経つと、黄色のビックリマークが消えているはずです。

すべてのアプリ_-_Google_Play_Developer_Console

これで完了です。黄色のビックリマークがついているアプリはこの作業を行いましょう。

今後Monacaで新しいプロジェクトを作成する際は、自動的にCLIバージョンは「5.2.0」になっています。都度Monacaのプロジェクトを削除してアプリを作成している方は、通常のアップデート作業を行ってください。

Monacaで動作を確認できましたら、Backupの方のプロジェクトを削除してしまって問題ありません。

ダッシュボード___MonacaでHTML5モバイルアプリ開発
ABOUT ME
上田幸司
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です