編集長上田

【偉業】上田の本が一日で完売!「丸儲けYouTube」

上田です。

先日、というか昨日発売された上田の新しい本がたった一日でAmazonで完売してしまいました。

https://apps.jp.net/pages/pub201909/

在庫切れで、もう既に1ヶ月待ちという状態です。

もともとYouTuberをテーマに企画を進めていたわけですが、ファンブックみたいなものにするか「お金稼ぎ」を全面に出すかは、意見が分かれていたんですよね。

お金稼ぎを前に出すと少し怪しい雰囲気が出てしまうので、それが逆効果になってしまうという反対意見を押し切ってなんだかんだでお金稼ぎを主軸にしました。

雰囲気でカバーするために、デザインはコミカルなタッチでコロコロコミックみたいにしてとデザイナーに依頼したのがギリギリ功を奏したのかもしれませんが、結果として一日で完売という偉業を達成できたので良かったです。

今回もいろいろな人を上田が直接インタビューしてきましたが、お金稼ぎをテーマにしたので、動画配信のいい面も悪い面も話してもらえました。

簡単に言えば、いい面は楽しく稼げる、趣味がお金になる、自由に働けるとかそういう面で、上田的には予想に近い答えでした。

どっちかというと悪い面の方がいろんな答えが返ってきて興味深く感じました。

手違いで自宅がバレてしまって家にいろんなものが届くようになったというのを、迷惑に感じる人もいれば、それをネタにしてまた動画配信するという方向に持っていく人がいたり。

毎週家に出前が届くようになった人もいました。

ポジティブな人なら美味しい美味しいといいながら食べるのかもしれませんが、何が入っているかわからないので少し怖いですね。。

ただ、みんなに共通していた意見が、「副業としてなら絶対にやるべき」ということでした。

不安定かもしれないけど、収入には繋がるのだからやらないと損ということですね。

副収入と自宅に出前が勝手に届くリスクとを天秤に掛けて、やれる範囲でやればいいというのが先人たちの意見でした。

上田もそう思います。

YouTubeが日本で始まったときはいろんな問題も抱えていましたが、今では一般に浸透して特に珍しい業界ではなくなりましたし、広告収入以外にもいろんな収益の手段があります。

時給をもらえる制度などがあることも、上田的には意外な発見でした。

これだけ大々的にYouTuberを取り上げた雑誌は他にはありません。

Amazonではもう売り切れですが、コンビニ、書店ではまだ並んでいるはずですから、もし見かけたらぜひお買い求め下さい!

ABOUT ME
上田幸司
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です