ネットビジネスコラム

コロナショック 首都東京封鎖でも稼げる職種・商売は?逆境をバネに!

こんにちは。アプリビジネスサポートです。

ここ最近、コロナウイルスによる経済活動への影響が一段と増していますよね。

外を歩いていても、いつもよりも明らかに人通りが少なくなっています。

そんな中、首都東京の封鎖も現実味を帯びてきました。

今でさえ、多くのビジネスに悪影響をもたらしているコロナウイルスですが、首都封鎖が起きたらさらに悲惨なことになるでしょう。

ただ、これだけ騒がれている中でも、コロナショックによる打撃を一切受けていない職種や商売があるのです。

テレワークの増加によって、さらに稼げるチャンスも広がりますので、この機会にぜひチャレンジしていただきたいと思っています。

コロナウイルスで稼ぐと聞くと不謹慎に感じてしまう方もいると思いますが、この記事では逆境をバネにして、みんなで危機を乗り越えて欲しいという意味で書いています。

こんな状況でも現実的に経済的な対策を個人で行なっておかないと、騒動が収まった後でも苦しい状況が続くでしょう。

コロナによる外出の自粛で、時間に余裕が生まれる場合がありますので、それを最大限に有効活用して、収入を増やしていきましょう。

コロナウイルスで露呈したアナログビジネスの恐ろしさ

コロナショックによって多くの職種が打撃を受けています。

飲食店や音楽関係、宿泊業や工場生産を行なっている企業など、その影響は甚大です。

影響を受けている職種の特徴は、やはり場所に縛られているという点でしょう。

その場所に行かなくては仕事が出来ず、お客さんもその場所に行かなくてはサービスを受けられないというビジネスは、コロナウイルスに限らず、その他の天災でも甚大な影響を受けてしまいます。

今後多くの会社が潰れるでしょうし、多くの失業者が出るでしょう。

こういった現状を見ると、テレワークが容易にできる、ネット系の企業で良かったと思えますね。

ただ、仮にテレワークが現実的に可能な会社であっても、日本の古い風潮によって妨げられてしまうこともあります。

会社の椅子に決まった時間座るのが仕事という風潮

日本の多くの会社では、決まった時間に会社に行って、決まった時間椅子に座り、仕事をしてるフリで成り立っています。

日本の会社では、なぜか業務の中身よりも、長く会社の椅子に座ることが重要視されていますので、3時間で終わる仕事を8時間かけてやっているフリをした方が印象がよくなります。

日本の会社の生産性が低い理由はまさにこれだと思います。

業務が忙しいフリをしている会社も、実はほとんどの業務が生産性のない無駄な仕事であり、わざわざ無駄なタスクを増やして8時間を埋めているだけです。

テレワーク化が中々進まない原因もこのような風潮のせいだと思います。

今回のコロナウイルス騒動を気に、テレワーク化が見直されるきっかけに少しはなると思いますが、ほとんどの企業は騒動が収まったら元に戻るでしょう。

結局それでは、ウイルスにも災害にも弱く、満員電車の問題もなくならないですよね。

そして、驚くべきことに、テレワークが実施された会社の中で、仕事中ずっとWEBカメラで仕事の様子を映さなければいけない企業もあるようです(笑)

これもまさしく、椅子に座るのが仕事という風潮を表していますね。

中身よりもやってる風の方が重要視されているのです。

本来であれば、3時間で仕事を終わらせて、残りの時間を副業なり、自分の時間に割いた方が、充実した人生を送れるのですが、こんな古い考えの企業の社員は、家の中にいても会社に人生を支配されてしまうのですね。

そう言った支配的な会社では難しいとは思いますが、テレワークは自分の人生の時間が増える最大のチャンスになります。

これを機会に、今まで出来なかったことをしてみるのもいいと思いますよ。

テレワークは副業で稼ぐ最大のチャンス

テレワークによって、家で仕事が出来るようになれば、それはあなたの人生にとって最大のチャンスになります。

今までは、人生のほとんどの会社にいる時間で奪われていたと思います。

テレワークによって、通勤時間もなくなり、会社にいるよりも自由度が増えるでしょう。

8時間仕事をしているフリをする必要もなく、貰ったタスクをささっと終わらせて、自分の好きなことに時間を費やせます。

特に、今まで時間がなくて副業に取り組めなかった方は、この機会に副業に取り組んでみてはいかがでしょうか?

ただ、副業をすると言っても、コンビニのバイトや飲食店のバイトだと本末転倒です。

副業するなら、家で出来る職種しか選択肢はないと思いますので、オススメの業種は後ほど紹介します。

ちなみにですが、弊社でもテレワークが開始されました。

「時間と場所に縛られないアプリビジネス」を謳っているのに、それを教えている会社は、社員の時間と場所を縛っているなんておかしいですからね(笑)

副業を教えている会社が副業を禁止しているくらいおかしな話です(笑)

テレワークのメリット

これを機に多くの企業がテレワークをスタートしていますが、実際のところメリットとデメリットがあります。

テレワークのメリット

移動時間の苦痛がなくなる

朝早く起きる必要がない

うるさい上司の相手をする必要がない

好きなBGMを流しながら仕事が出来る

仕事をしているフリをする必要がない

余った時間で好きなことが出来る

このようなメリットがあると思います。

特に、満員電車で通勤している方にとっては、その苦痛がなくなるだけで、ストレスが激減すると思います。

また、人によっては家の方が集中できる場合もあるでしょう。

テレワークのデメリット

テレワークのデメリット

家族がいるなどで集中出来ない場合もある

光熱費の負担が増える

サボりガチになる

これは人それぞれですが、家だと仕事が出来ない派もいますので、サボりガチになる可能性はあります。

そして、地味に問題なのが光熱費の負担です。

交通費は会社から支給されると思いますが、光熱費については問題視されていないので、支給されるところはないでしょう。

いくら出すのかを算出するのも不可能なので、難しいところですね。

完全テレワーク化であれば、交通費がない代わりに、住居費補助や光熱費の補助が出せると思いますが、両立の場合はさらに難しいと思います。

また、会社によっては、飲み物や社食で飲食代が安く済んでいるところもありますので、テレワークによって、飲食代の負担が増えることもあります。

デメリットはこれくらいだと思います。

テレワーク+副業が最も理想的な令和の働き方

コロナウイルス騒動をきっかけに多くの企業がテレワークを検討していますが、よくよく考えたら、家でも仕事ができる職種は意外と多いです。

今後、ネット社会がより進み、自宅で仕事ができる環境がどんどん揃ってくると思います。

そして、今の時代は副業をすることが当たり前になっており、本業だけでは食っていけない人がどんどん出てくるでしょう。

もはや副業はお小遣い稼ぎではなく、令和を生き抜くために必須の取り組みだと思います。

テレワーク✖️ネット副業が令和で最も最強の稼ぎ方だと思いますので、この機会に新たな副業に挑戦してみてはいかがでしょうか?

コロナで首都東京封鎖が起きても稼げる職種、商売

首都東京の封鎖が話題になっていますが、そのような事態になっても稼げる職種や商売について、気になっている方が多いようです。

やはり、そのような事態でも対応できる職種は、ネットと連動できるビジネスが強いでしょう。

完全にパソコン一つで稼げるビジネスモデルはもちろんのこと、首都が封鎖されても、ネットと連動できるビジネスであればまだ勝算はあります。

飲食業でしたら、出前サービスに力を注げば食いつなぐことはできると思います。

いくらコロナが蔓延しているからと言って、食の需要は変わりません。

食料は必須なので、今まで飲食店で賄っていた需要が、他の場所に移っているだけです。

その一つが出前サービスです。

多くの人が自宅に滞在していますので、出前の需要が急激に高まっています。

ですので、他の業種でもネットを使ってうまく出来ないかを考えれば、食いつなぐことはできるでしょう。

ただ、私的には断然ネット完結型のビジネスをオススメします。

今からいくつか紹介しますので、参考にしてください。

ライター

ライターは文章を書く仕事になります。

ネット上にあるコンテンツは、ほとんどは文章ですので、その文章は誰かしらがパソコンでライティングをしています。

広告のキャッチコピーや商品販売ページ、ブログ記事などあらゆる場所でライターの需要がありますので、ネットビジネス初心者にオススメです。

ナレーター

最近では、広告動画用のナレーションやVTuverといったコンテンツに使う、声の仕事の需要が高まっています。

自宅で声を録音して稼ぐことが出来ますので、こちらも取り組みやすいと思います。

ちなみに、声だけでなく、BGM素材の需要も高まっていますので、作曲などができる方は、そのようなビジネスでも稼ぐことが可能です。

デザイナー

ネット上にある主流のコンテンツは、文章、そして画像、動画が占めています。

広告バナーの作成や、サイトのデザイン、最近ではYouTubeのサムネイルデザインの需要が高まっています。

画像が作れない人は世の中に非常に多く、オシャレな画像を作れるだけで重宝されます。

フォトショップなどで画像作成が出来る方は、チャレンジしてみてください。

動画編集者

5G通信がこれから普及してくることもあって、動画コンテンツの需要も急激に高まっています。

特に今、YouTubeでの動画編集の仕事は腐る程ある状態です。

ソフトの使い方を練習すれば、テロップ入れなど誰でも出来る部分も多いですので、動画編集者としての道も考えてみましょう。

文章、画像、動画、各々得意な分野があると思いますので、自分の得意な分野を見つけてそれを伸ばすことをオススメします。

アプリ開発者

意外と世間で重要性が気づかれていないのがアプリの需要です。

スマホの普及によって、スマホアプリの需要は毎年上がっており、市場全体に流れるお金も莫大なものです。

しかも、アプリの需要に対して、開発者の数が増えていないので、より稼ぎやすい市場になっています。

先ほど例に挙げた、文章、画像、動画については、少し勉強すれば誰でも出来るものです。

ただ、アプリ開発は相当な学習をしなければ出来ない分野ですので、ライバルが少なく、その分稼げる金額が高額です。

我々は、このアプリビジネスをどんな初心者でも、プログラミングを一切せずに取り組めるための環境を提供しており、今現在メンバーの収益は右肩上がりです。

正直言うと、首都封鎖がされて一番稼ぎやすいのが、アプリビジネスだと思っていますので、かなりオススメしています。

もし興味があれば、コピペだけでアプリを作れる「誰でもアプリメーカー」を無料でお配りしていますので、ぜひこちらからお受け取りください。

副業ビジネスガイドブック無料配付中

上記の副業は、数ある副業の中のごく一部をご紹介させていただきました。

実は、令和を生き抜くための副業は、この他にも沢山あります。

テレワークと相性の良い副業を多数掲載している「副業ビジネスガイドブック」を今なら無料でプレゼントしていますので、令和を賢く生き抜きたい方は、下記から手に入れてください。

ABOUT ME
上田幸司
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。ただ今LINE@フォローで「誰でもアプリメーカー」+「副業ビジネスガイドブック2020」を配布中! 詳しくはこちら → https://line.japan-asp.com/lp/aso/450a
大副業時代を生き抜く!ための「ネットビジネス講義」

多くの副業難民を救ったアプリビジネスのノウハウの集大成を完全無料で公開!
運営実績5年以上、指導実績1200名を超えて月収100万円以上の実績者を多数輩。

最高月収867万円達成者も語る「時間」や「場所」に縛られない理想的な副業ライフを手に入れるための特別レッスンを今すぐ受け取ってください!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です