個人で稼ぐアプリビジネス入門

スマホ機種別シェア率 2020最新版 日本市場でのiPhone所有率は?

こんにちは。上田幸司です。

去年の夏にAndroidとiPhoneのの利用者はどちらが多いのか?という記事を公開したところ、大きな反響がありました。

ですので、本日はスマホ機種別のシェア率について、2020年最新の情報をお届けしたいと思います。

日本国内でのスマホ機種別の推移はどのようになっているのか?早速見ていきましょう。

スマホ機種別のシェア率 2020最新データ

まずはじめに、この記事のテーマである、スマホ機種別のシェア率についてです。

https://webrage.jp/techblog/sp_share/

表を見てわかる通り、iOS端末の場合はiPhoneという一括りになっています。

そのシェア率を見てみると、2019年12月時点でのシェア率はなんと57.02%です。

2019年6月時点では、43.1%でしたが、ここに来てiPhoneがAndroid勢を追い抜きました。

2019年9月にiPhoneの最新機種であるiPhone11が発売されたため、それも一つの要因かもしれませんね。

そしてAndroidの機種別シェア率を見てみると、2位のアクオスシリーズですら、シェア率は1.18%となっています。

Androidは機種がたくさんありますから、それ以下のランキングは諸々の機種が僅差で並んでいるようです。

特にその中でも、AQUOSが2、4、6位と入っているので、Android機種の中ではAQUOSが一番人気ということがわかります。

そのほかのAndroid機種は、Galaxy、Xperiaが有名どころですね。

Androidの中では、AQUOSが一強で、他は大差がないということがわかります。

過去のデータを見る限り、Android端末とiOS端末のシェア率は、お互いを追い抜いたり追い越したりを繰り返しているようです。

平均するとおおよそ50%なので、日本市場ではAndroid派とiOS派は半々ということになります。

iPhone(アイフォン)の機種別シェア率 2020最新

続いては、iPhoneの機種別シェア率についてです。

上記のデータでは、iPhoneという一括りになっていたため、どの機種のシェアが大きいのかわかりませんが、こちらでは詳しい内訳が公開されています。

ただ、iPhone11が発売されて以降のデータがありませんでしたので、この表は2019年9月のデータになります。

11がでる直前ということですので、11が出た後、多少の変動は起きているはずです。

この表を見る限り、iPhone6,7,8をいまだに使用している方が多いということがわかります。

このあたりがiPhone新機種のピークということでしょうか。

iPhoneは毎年新機種が発売されていますが、7,8以降は値段の高騰や新機能の衰退によって、機種変更をする人が少なくなっている傾向にあります。

あえて乗り換えをするほどの革新的な進化が止まっているため、iPhone7でも十分という状態が続いていると思います。

ただ、それでも機種変更をする方は多いので、この時点で最新機種のXもランキングに食い込んでいます。

11も発売されたことですし、機種変更をする方は確実に増えてくるので、現時点のランキングはかなり変動していることでしょう。

また最新情報が出ましたら更新しようと思います。

アンドロイドアプリとiOSアプリ どちらの方が稼げるのか?

この記事をご覧になっている方は、アプリ市場を使ったビジネスを考えている方が多いと思います。

アプリで収益を上げようと思った場合、当然市場規模の多いOSをターゲットに展開した方がいいですから、機種別やOS別のシェア率のリサーチは大切です。

ですが、先ほども解説した通り、AndroidとiOSのシェア率の割合は行ったり来たりであり、その戦いは五分五分という印象です。

シェア率を見れば、どちらも大差がないと言えるでしょう。

シェア率で稼げる額を判断するのであれば、どちらも大して変わらないと思います。

ただ、これからアプリビジネスに参入するに当たって、最初から両方のOSを攻略するのは大変だと思います。

初めはどちらかのOSを優先して攻略していきたいと思っている方が多いはずです。

なので、初めはどちらのアプリをリリースした方がいいのかについて,僕から一つアドバイスをします。

僕がオススメしているのは、Androidアプリです。

なぜかというと、Androidアプリの方がアプリをリリースするのが簡単であり、スムーズにストアに並ぶからです。

Google Playストアでは、アプリリリース時の審査がないため、早くて数分後にはストアに並べることが可能です。

また、Google Playストアの登録費用は約3千円だけですので、リスクが少ないです。

対してiOSアプリの場合、アプリリリース時に細かい審査があります。

この壁を越えるのが意外と大変で、再審査なしで一発でリリース出来ることはほぼありません。

諸々細かい点を指摘され、それを直す作業を何回も繰り返し、やっとのことでリリース出来るので、とても効率が悪いです。

また、アップルデベロッパーの登録費用は年間1万円ですので、Google Playよりもリスクが高くなります。

ですので、はじめにリリースをするのは、Google Play Storeをオススメします。

アプリで手っ取り早く稼ぐには、断然Androidアプリになります。

その点について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

今回の記事は、スマホ機種別のシェア率についてでしたが、次回以降はOS別のシェア率について記事にしますので、そちらも楽しみにしていてください。

ABOUT ME
上田幸司
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。ただ今LINE@フォローで「誰でもアプリメーカー」+「副業ビジネスガイドブック2020」を配布中! 詳しくはこちら → https://line.japan-asp.com/lp/aso/450a
大副業時代を生き抜く!ための「ネットビジネス講義」

多くの副業難民を救ったアプリビジネスのノウハウの集大成を完全無料で公開!
運営実績5年以上、指導実績1200名を超えて月収100万円以上の実績者を多数輩。

最高月収867万円達成者も語る「時間」や「場所」に縛られない理想的な副業ライフを手に入れるための特別レッスンを今すぐ受け取ってください!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です