ネットビジネスコラム

コロナウイルスを利用してボロ儲けするためのビジネスアイデアを教えます

こんにちは。

本日の記事では、今世界中で話題になっているコロナウイルスに関する記事です。

コロナウイルスについて、症状や感染状況、治療方法について知りたいという方もいますが、このブログでは視点をずらし、コロナウイルスを利用してボロ儲けする方法について解説していこうと思います。

ただ、こういったトラブルを利用した稼ぎ方は、ビジネスを知らない一般人からはかなり批判をされます。

特にマスクの高額転売が問題になっていますが、倫理上の話は抜きにして、稼ぐ思考としては実は正解なのです。

この記事では、倫理的な部分は一旦無視をして、コロナウイルスのような大きな話題ができた時に、どう立ち回ればお金を稼げるのか?というヒントをお教えしていきます。

まずはこの先の記事をお読みいただく前に、動画解説をご視聴ください。

マスクや衛生商品を高額転売する

まず、こういったトラブル時に起きる定番現象として、高額転売が挙げられます。

転売ヤーと揶揄されている人物たちが、マスクや関連商品を買い占め、それをメルカリなどで高額転売する現象です。

今社会でかなり問題になっている現象ですが、転売はビジネスの基礎の基礎です。

お金を稼ぐという考え方においては、一番シンプルで稼ぎやすい手法と言えるでしょう。

安く買って高く売るというのは、ビジネスの原理原則ですので、需要が高まっている商品を独り占めし、それを高値で販売するというのは、ある意味ビジネスの本質でしょう。

確かに気にくわない部分はあると思いますが、世の中は転売の連続で成り立っているので、言ってしまえば先に手に入れた者勝ちです。

ただ、商品によっては高額転売すること自体が違法となる可能性もあるようです。

その点に注意が必要ですが、お金を稼ぐという意味では正解なので、この先の世の中で何かのトレンドが発生した時、どの商品の需要が高まるのか考える癖をつけると、転売ビジネスでも稼げるようになります。

ちなみに、こちらの追記記事では、さらにエグい稼ぎ方と転売ヤーについての考えをお話しています。

衛生用品を自作して稼ぐ

そして、転売とは違いますが、必要とされている物を自分で作って販売するという手段もあります。

マスクも構造や素材はシンプルなので、作ろうと思えば誰でも作れるでしょう。

また消毒用のアルコールもウォッカなどを使って自作することも可能なようです。

もしくは、業務用のアルコールを買い、それを小分けの容器に分けて販売するだけでも利益は出そうです。

トイレットペーパーは難しそうですね(笑)

ただ、トイレットペーパーに似た紙を扱っている会社であれば、急遽代用品を製造して稼ぐこともできそうです。

転売は批判をされると思いますが、自分で作るのは流石に大丈夫でしょう。

何か世の中に足りない物があった時、素材を組み合わせて自分で作ることはできないのか?

そういった考え方を常に意識して入れば、多くのビジネスヒントが浮かぶはずです。

トレンドを掴み、需要が高い商品を市場に提供するのはビジネスの基本ですので、稼ぎたい方はこういった意識を普段しておくことをオススメします。

コロナウイルスの情報配信をして稼ぐ

そして次に、コロナウイルスとネットビジネスを組み合わせた手法になります。

稼ぐ系でもお馴染みの情報配信によってお金を稼ぐ方法もあります。

コロナウイルスは中期的なトレンドになりそうなので、発生した時に専門サイトを立ち上げ、情報配信して稼ぐというやり方もあります。

これはどんなトレンドにも応用可能で、何かが流行りそうな時に、先に専門サイトを作っておいてアクセスを集める媒体を持っておくというのは常套手段です。

これはブログでも良いですし、YouTubeでも良いでしょう。

ツイッターでも情報配信は可能です。

マナブ氏もこのようなツイートをしています。

ブログやYouTube、ツイッターで発信する情報は、もちろんコロナウイルスに関する情報です。

最新ニュースや対策方法、症状などについて詳しく解説し、ユーザーの関心を集めます。

正しい情報を配信しないと炎上します

不安になっているユーザーは何かを提示すればすぐに飛びつきますので、アフィリエイトをした際の成約率も高いです。

キャッシュポイントはどうする?

キャッシュポイントを作る上では、サイトやブログを基盤にした方が良いです。

サイトやブログであれば、グーグルアドセンス広告を貼っておけば、一定の収益が上がります。

また、マスクや衛生商品のアフィリエイトリンクを貼っておけば、さらに収益は激増するでしょう。

アマゾンアソシエイト楽天アフィリエイトを使用すれば、あらゆる商品のアフィリエイトを行うことが出来ます。

しかも、その商品が変われなくても、24時間はcookieという履歴が残るので、クリックしたユーザーが数日後に他の買い物をした際にもアフィリエイト報酬が入ります。

また、これはかなり危険な手法ですが、

例えば青汁のようなアフィリエイト商品をコロナウイルス対策として紹介する手法もあります。

免疫力を高めるという触れ込みで、健康食品やサプリへ誘導することも可能ですが、こちらについては表現に気をつけながら行う必要がありますね。

薬事法には注意が必要なので、過剰にコロナウイルス への効果を謳うと逮捕される可能性もあります。

コロナに効くと言ってしまうと、デマの発信源になってしまいますし、最悪アフィリエイト報酬が没収されます。

アクセスしてきたユーザー層を解析して、その層に最適なアフィリエイト案件を探して行うのももちろん良いですが、

一番無難なのは、グーグルアドセンス、アマゾンアソシエイト、楽天アフィリエイトでしょう。

この稼ぐ考え方は、どんなジャンルのアフィリエイトでも基本となる考え方ですので、ぜひ参考にしてください。

コロナウイルスで稼ぐというのはあくまで例えであり、これから先の世の中で起きる様々なトレンドでこの考え方は応用可能です。

コロナウイルス関連の投資をして稼ぐ

コロナウイルスを利用して稼ぐ方法として、転売、自作販売、情報配信を挙げましたが、投資で稼ぐことも可能です。

僕は株について専門家ではないので、あくまで素人の発想ですが、

コロナウイルスによってどの企業がボロ儲けをするのかを考え、その会社の株を買うという発想もアリだと思います。

例えば、マスク製造会社やトイレットペーパー製造会社はコロナ特需によってボロ儲けをしているはずです。

それを販売しているドラッグストアも、悲痛な声を発している裏では、売り上げが激増してほくそ笑んでいるでしょう(笑)

コロナ特需によって様々な商品が日常よりも過剰に購入が増えますから業績が上がる可能性があります。

また、コロナウイルスのワクチンを開発する会社、製薬会社、医療機関も売り上げが上がる可能性があります。

どの企業がワクチンを世に出すのか、これを今後ウォッチしておくと良いかもしれませんね。

ただ、世間に情報が出た時点ではもう手遅れの可能性もあります。

プロは今必死で世界中のワクチン製造会社をリサーチして、ある程度目星をつけた企業の株に分散投資していると思います。

ただ、コロナショックによって世界の株価、日本の株価は大きな下落傾向にあるようです。

リーマンショックを超える不況という意見もあるほど、相場は大暴落しています。

そうなった場合、今度はショートポジション、空売りで稼ぐという選択肢も出てきます。

日経225先物やドル円チャートにも影響が出ていますから、それを見越して売りポジションを持っていた人たちは、今頃笑っているでしょう。

世間では相場の暴落によって破産する人ばかりが注目されていますが、負けている人がいるということは、裏を返せばボロ儲けしている人もいるということです。

実際、戦争や災害による地政学的リスクを利用した投資手法も存在しています。

悪魔の手法と揶揄されることもありますが、ショートポジションを持っておけば、暴落時に大きな利益を稼げるので、投資を行なっている人は意識をしておいた方が良いと思います。

テレワークをしながら副業で稼ぐ

多くの企業でテレワーク化が進んでいますが、そのチャンスを活かして稼ぐ方法です。

パソコン1台で稼げるビジネスをいくつかこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

小中高生をターゲットにしたスマホアプリを作って稼ぐ

そして、世間を騒がせている出来事として、小中高の一斉休校でしょう。

全国の小中高生が一気に休みになるのですから、市場に与えるインパクトはかなり大きいです。

学校関連の事業には大打撃ですが、逆に需要が高まる市場もあるはずです。

いきなり学校がなくなった小中高生は一体家で何をするのでしょうか?

ディズニーもUSJも閉園になり、映画館やライブハウス、カラオケなどでも営業自粛が広がっています。

そうなった場合、小中高生が家でやることと言ったら、ゲームかスマホしかないでしょう。

ゲームの売り上げや課金の売り上げも上がると思いますので、それ関連の株もありですが、もっと最強のネットビジネスがあります。

それがアプリビジネスです。

小中高生をターゲットにしたスマホアプリをリリースすれば、通常よりも多くのダウンロード数が見込めます。

なぜそんなことが言えるのかというと、実際スマホアプリの広告収入は、土日に激増するというデータがあるからです。

一斉休校ということは、毎日が土日のようなものですから、スマホアプリの滞在時間が伸び、それによって広告収入が上がることは簡単に想像出来ます。

ですので、アプリギルドに参加をしている方は、この機会に小中高生向けのアプリ作成をしてみましょう。

もしこの記事を読んで、アプリビジネスに興味が出た方は、こちらでツールを配布しているので、LINEにご登録ください。

コロナウイルスでお金を稼ぐことはダメなのか?

コロナウイルスを利用してお金を稼ぐことに関して、多くの方は嫌悪感を抱くでしょう。

高額転売は流石に、迷惑な部分もあるのでわかりますが、お金を稼ぐこと自体は悪いことではありません。

日本人は元々、お金を稼ぐことに嫌悪感を抱くのでそれも相まっていると思いますが、こう言った時こそ、ポジティブにプラスに持っていく方法を考えるべきです。

そもそも、コロナでぼろ儲けをするのがダメでしたら、マスクの製造会社もドラッグストアもアウトになりますからね。

株などの投資で稼ぐのもアウトになりますし、ほとんどの機関は営利企業であり、利益を求めるために運営されています。

ワクチンの製造も慈善ではなく、会社がボロ儲けするために行うわけです。

そこまでの原価はしない物を高額な医療で提供するのですから、お金を稼ぐことについて批判をしたらキリがありません。

コロナによって廃業するところもあれば、特需によってボロ儲けをするところもあります。

ですので、コロナというビッグトレンドを利用してお金を稼ぐことは決して悪いことではありません。

アイデア次第で、ピンチをチャンスに変えることも出来ますし、このトレンドキーワードを利用したビジネスでの稼ぎ方は、あらゆるネットビジネスに応用可能です。

コロナに限らず、今後このようなトレンドが発生した際は、ぜひこの記事の稼ぐ方法を参考にしてみてください。

PS
コロナは拡散しちゃダメだけど、この記事は拡散してね。シェアやいいねよろしくお願いします。

誰でもアプリメーカー配布中!

只今LINE@登録者限定で誰でも簡単にアプリが作れる「誰でもアプリメーカー」の他、アプリで稼ぐ具体的な方法もお届けするプロジェクトも開催中です。

無料登録して特典だけ受け取るもよし、さらなる情報をGETして本格的にアプリで稼ぐもよし、の究極の二段構えとなっています。この機会に是非ご参加ください!

ABOUT ME
上田幸司
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。ただ今LINE@フォローで「誰でもアプリメーカー」+「副業ビジネスガイドブック2020」を配布中! 詳しくはこちら → https://line.japan-asp.com/lp/aso/450a
大副業時代を生き抜く!ための「ネットビジネス講義」

多くの副業難民を救ったアプリビジネスのノウハウの集大成を完全無料で公開!
運営実績5年以上、指導実績1200名を超えて月収100万円以上の実績者を多数輩。

最高月収867万円達成者も語る「時間」や「場所」に縛られない理想的な副業ライフを手に入れるための特別レッスンを今すぐ受け取ってください!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です