ネットビジネスコラム

転職を考えている方が会社を辞める前に行っておくべきこと

こんにちは。上田です。

大変厳しい社会情勢ですが、こんな時でも転職を考えている方は多いと思います。

コロナ以前からブラック企業で働いていて、仕事を辞めたいと思っていたものの、こんな世の中になってしまって、辞めるに辞めれない状態になってしまっている方もいるでしょう。

当然ながら、今から新しい仕事を探すとなると、ハードルは高いです。

ただでさえ色々な会社の業績は落ちていますし、多くの方がコロナ解雇にあっている状態です。

そんな中で、新しい人材を募集しているところはかなり少ないでしょう。

人がすぐにやめてしまう業種ならあるかもしれませんが、世間一般的に言われているような、ホワイト企業では、さらに採用のハードルが高くなっているはずです。

ですので、このタイミングで転職を考えている方は、冷静になって準備を整えてから希望の進路に進むことをお勧めします。

この記事では、今転職を考えている方が、転職を行う前にすべきことやお勧めの進路について解説していますので参考にしてください。

本当に転職する必要があるのかを考えよう

まず第一に転職を考えている方は、本当に転職をすべきなのかを考える必要があります。

基本的に一度やめた会社に将来戻るということは考えにくいので、本当にやめていいのかを検討した方がいいですね。

違法就労だったら辞めた方がいい

ただ、どんなに良い会社であっても違法な就労が行われていた場合、辞めたほうがいいでしょう。

時間の問題で限界がくるでしょうし、そのような会社で人生を消耗するのは非常にもったいないことです。

改善を要望するのも1つの手段ですが、頭の硬い経営者がほとんどですので、要望が通じることはほとんどないでしょう。

万が一要望が通った場合はそのままいればいいと思います。

ただ、要望をするということは、権力に逆らっていると捉えられてしまうことも多いです。

ほとんどのケースで、経営側はわかっていて違法行為に走っているわけです。この場合はどんなに正当なことを言っていても、経営者には伝わりません。

在籍し続けるにしても、いじめにあう可能性や理不尽に評価がされない立場になることもあります。

要望を出すときは、ある程度の覚悟が必要でしょう。

ですので、要望を出す際は、辞めてもいい状態になった時にすることをお勧めします。

ちなみにですが、会社から「明日から来なくていい」と言われたら、本当に行かなくても良いです。

しかもこの場合、会社側は無効な解雇予告をしているので、行かなくても給料は満額もらえる権利があります。

会社には在籍しているものの、来なくていいという業務命令を受けた状態になりますので、法律上給料は満額もらえるんですよね。

なので、「明日から来なくてもいい」と言われたもん勝ちという考え方もあります。

完全に喧嘩状態になりますが意外と重要なポイントになりますので、覚えておきましょう。

大手なら限界までしがみつくべき

そしてもしあなたがそれなりの会社に勤めている場合、よっぽど仕事がキツくない限り、限界までしがみついた方が良いです。

就職しようとしても中々難しいので、一度入ったのであれば、限界まで給料をもらい続けた方がお得です。

ここで考えて欲しいのが、実は仕事は全力全開でやる必要はないということです。

実際日本の会社では、長く働いた方が会社から評価されます。

つまり、バリバリ働いて仕事を早く終わらせるよりも、ダラダラ仕事して残業をした方が給料を沢山もらえるのです。

しかも、その方が頑張っている風に見えますので、評価もされやすくなります。

あとは適度に上司に媚を売っておけば、ダラダラ働きながら安定的な給料を貰い続けることが可能です。

ただ、それだけでは会社がだめになった時に何も残りませんので、副業も並行して行うことをお勧めします。

貰った給料は無駄遣いせずに、貯金してビジネス用の資金として置いておけば安心でしょう。

本業+副業が実は最もお得

転職を考えている方は、会社から会社に就職しなおす方や、独立することを考えている方もいると思います。

独立することは良いことなのですが、ここで注意すべき点は、実は会社に属しながら副業をするのが一番お得なのです。

なので、稼ぐのであれば、会社に属しながら副業をすることをお勧めします。

その理由はこちらです。

  • 安定収入で基盤を作れる
  • 給付金も貰える
  • 税制面で有利になる
  • 社会保険を払わなくていい

安定収入で基盤を作れる

これから転職したり独立する上で一番心配なのは、安定的な収入源です。

何もない状態でいきなり行うと、当然ながら最初の方は赤字でしょう。

それでは精神的にはよろしくありません。

なので、特別な野望がない方は、会社員として安定的な収入がある中で、副業を行った方が成功しやすいです。

転職を考えている場合も、今の慣れている環境で、副収入を確保してから、別の会社に入った方が、すぐに楽な生活が手に入りますよ。

多くの方には安定収入が必要になりますので、その上で会社員が最強になります。

給付金も貰える

続いて、会社員をしながら個人事業主として副業を行っていても、コロナに便乗した給付金を受給できるというメリットがあります。

個人事業主登録をしているだけでも貰えてしまうような給付金もありましたので、副業で事業を行っていた方は去年相当得をしています。

場合によっては、会社の安定給+ボーナス+副業収入+給付金という無敵状態になれます。

ですので、収入の安定化にプラスして、副業を行うと様々なメリットがあるということを覚えておきましょう。

税制面で有利になる

続いては税制面での優遇についてです。

ビジネスを行う上で一番のコストは税金です。

ここで得をできるというだけで、相当なプラスになります。

会社員をしながら副業を行うと、普段の出費を経費として申告することが可能になります。

会社員の給料で支払っている家の家賃や電気代、そして交通費についても経費として申告することが可能になりますので、その分税金でお得になります。

普段は経費として落とせない項目が経費で落とせますので、非常に大きなメリットになるのです。

これは会社員+副業ならではのお得な状態ですので、この恩恵は受け取っておいた方が良いでしょう。

社会保険を払わなくていい

そして社会保険についてもとんでもない優遇があります。

実は会社員をしながら副業を行っていると、副業で稼いだ分の収入に対して、保険料を一円も払わなくても良いのです。

本来であれば、全ての収入に対する割合で保険料が決まるのですが、一つ社保に入っておけば、副収入の部分についてはお咎めなしになる制度なんです。

副業で何百万稼ごうが、一つの会社で保険に入っているだけで、保険料が免除されますので、その効果は甚大です。

むしろ、これを受けるために、会社に属しておいた方がいいレベルです。

社会保険は、月8万円くらいの給料でも加入できますので、賢い方は月に8万円分の労働をする代わりに知り合いの会社に所属し、他の収入は全て個人事業で稼いでいます。

そうすれば、バカ高い保険料を払わなくて済むのです。

これは便利な仕組みですので、覚えておきましょう。

会社を辞める前に行っておくべきこと

会社員をしながら副業を行いある程度の収入を得て、他の会社に行こうと考えている場合やすぐに転職したい方に向けて、転職前に行った方が良いことについて紹介したいと思います。

  • 会社の不正を記録する
  • 転職先を徹底的にリサーチ
  • 辞める前にスキルを身につける
  • 副収入を作っておく
  • 最悪の事態に備える

会社の不正を記録する

まず行うべきことは会社の不正を記録することです。

これは違法就労に関わることでも良いですし、他の不祥事でもOKです。

それを持っておくだけで、不払い給料などを請求する時にかなり有利になります。

どうせ辞める会社なのですから、取れるものは取って、貰えるお金を全力で貰っておいた方が良いです。

そして会社で得た知識やスキル、取引先の情報などもなるべくストックしておいた方がいいです。

転職したり独立した時に役に立つ情報になります。

機密に当たらない程度の情報でしたら、知識として活用すればいいだけですし、自分の実績についてもメモしておいた方がいいです。

転職したり独立した際に、前いた会社でのプロジェクトの成果についてアピールすることが可能です。

とにかく辞める前に、利用できることは利用していきましょう。

転職先を徹底的にリサーチ

続いて行うことは、転職先を徹底的にリサーチすることです。

今安定的に稼げている場合、時間の余裕はありますので、転職先については慎重に選んだ方が良いでしょう。

また、それに伴って引越しなどが必要になる場合があります。

それらの手続きの段取りなども、会社を辞める前に一つずつ考えておいた方がいいです。

会社はいつでも辞めることが可能ですので、生活に余裕があるうちに、次で失敗をしないための準備は徹底して行っておきましょう。

辞める前にスキルを身につける

続いて、会社を辞める前に、できることならスキルを身につけたほうがいいです。

次の会社に転職する場合も独立する場合も、どちらにせよスキルが必要です。

なんのスキルもない場合、何もできない人のまま転職活動をすることになります。

それでは独立はおろか、転職すらままならないです。

ノースキルの状態でしたら、今の会社に限界までしがみついた方がいいでしょう。

それが嫌なのであれば、最低限生活できるだけのスキルを身につけてから、転職をすることをお勧めします。

令和に必要なスキルについては、こちらの記事で紹介していますので、参考にしてください。

副収入を作っておく

続いては、副収入を作っておくという点です。

こちらも転職をする際に非常に有利になるでしょう。

最初のうち給料が低かったとしても、副収入があるというだけで精神的に安心できます。

やはりこの時代に副収入を持っておくことは、将来のために非常に安心材料になります。

ですので、転職を考えている方は、まずは副収入を作ってみるということを考えて方がいいと思います。

最悪の事態に備える

続いて、転職をする際は最悪の事態も考えておきましょう。

会社を辞めるのを早まった場合、もしかしたら転職が上手くいかずにニートになる可能性もあります。

その場合考えておくことは、

  • 失業保険の給付
  • 生活保護の給付
  • コロナ関連の支援金

これらの選択肢です。

こちらについても貰えるものはもらっておいた方が良いので、事前にリサーチすることをお勧めします。

特に現在はコロナに関連した支援金が沢山あります。

このタイミングで失業した場合、コロナに便乗した支援金を受けられる可能性が高いです。

ですので、最悪の事態も考えて、これらの給付金の受給の仕方についてもリサーチしておきましょう。

ちなみに生活保護については、こちらの記事でも解説しています。

転職するなら時代にあった会社を選ぼう

続いて、転職をする場合、次に選ぶ会社は非常に重要になります。

ですので、今後転職するのであれば、このような会社に就職した方がいいでしょう。

  • 副業が容認されている
  • テレワークできる
  • 評価制度がきっちりしてる
  • コンプライアンスがしっかりしてる

副業が容認されている

まず第一に副業が容認されていなければ話になりません。

今時それが普通ですので、副業禁止にしている会社は論外だと思っておきましょう。

それだけでも、ある程度まともな会社をフィルタリングすることが可能です。

テレワークできる

続いて、テレワークができる会社もお勧めです。

完全テレワークが難しくても、週3日自宅勤務OKというような会社も増えてきていますので、そういった会社の方がお勧めです。

テレワークができるということは、パソコンで行う仕事になりますので、時代にあったやり方をしている可能性が高いです。

また自宅で仕事ができれば、同時に副業もしやすくなりますので、テレワークについても着目しておきましょう。

評価制度がきっちりしてる

続いては評価制度がしっかりしているという点についてです。

古い会社では、ダラダラ仕事した方が評価されたり、仕事はできなくても媚を売るのが上手い人が評価されやすいです。

ただ最近ではジョブ型の労働と言って、行った仕事に対する評価が正当にされる制度も増えています。

しっかり働きたいのであれば、そのような評価が正当に行われる会社がいいでしょう。

コンプライアンスがしっかりしてる

続いては、コンプラがしっかりしている会社です。

これは法律を厳守していたり、パワハラなどに対して厳しい会社を意味します。

社内の秩序が保たれている会社の方が仕事をしやすいのは当然ですので、この点もリサーチしておきたいところですね。

転職する前にアプリで稼ぎませんか?

さて、この記事では転職を検討している方向けの記事でしたが、やはり転職前に副収入を稼いでおいた方が良いでしょう。

その上で私がお勧めしているのはアプリビジネスです。

プログラミング不要のアプリ開発をして広告収入を稼ぐビジネスなのですが、最高月収867万円の実績者が出るなど、市場は絶好調です。

ですので、もし転職を考えている方がいましたら、こちらから無料ウェビナーに参加して情報を受け取ってください。

大副業時代を生き抜く!ための「ネットビジネス講義」

多くの副業難民を救ったアプリビジネスのノウハウの集大成を完全無料で公開!
運営実績5年以上、指導実績1200名を超えて月収100万円以上の実績者を多数輩。

最高月収867万円達成者も語る「時間」や「場所」に縛られない理想的な副業ライフを手に入れるための特別レッスンを今すぐ受け取ってください!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です