ネットビジネスコラム

電車で出来る副業 通勤時間でお金を稼ぐ方法

こんにちは。上田です。

このコロナ禍において、リモートワークという働き方がだいぶ浸透してきましたが、それでも電車通勤をしている方が大半でしょう。

東京都はテレワークを推進し、満員電車をゼロにすると言っていましたが、現状できていませんし出来るわけが無いです。
月に1回でもいいから東京都内の電車に乗ればわかりそうなものですけどね。

そもそも満員電車対策として具体的に何をやっているのかも不明です。お決まりのお願いだけでは、効果があるわけがありません。

いずれにしても、今後も通勤手段として電車を利用する人は多いハズ。

今回の記事では、そんな電車通勤の時間を効率よく利用し、お金を稼ぐ方法を解説したいと思います。

電車通勤の現状

まず、電車通勤の現状について振り返っていきたいと思います。

日本社会において、電車通勤の問題が昔からずっとあり、多くの社会人を無駄に苦しめていると思います。

電車通勤というだけで、仕事に行くのが憂鬱になったりもするでしょう。

それくらい電車通勤とは無駄が多いものです。

ですが、これは自分の意思だけではなくすことはできませんので、どうせするのであれば効率よく活かすべきだと思います。

その活用方法について興味がある方は、ぜひ記事を最後までお読みください。

満員電車ゼロの公約はどこに?

https://news.yahoo.co.jp/byline/fujitatakanori/20200409-00172225/

東京都知事の小池氏は、選挙の際の公約に、満員電車ゼロを掲げていました。

しかしながら、現状を見る限り、満員電車はゼロになっていません。

そもそも東京の人口などを考えて、満員電車を減らすことは出来ると思いますが、ゼロにするのはどう考えても不可能です。

絶対にできない嘘を言って選挙に出るのはいかがなものかと思いますが、結局のところ、満員電車を減らすという施策すら行なっていない状態です。

コロナの影響で勝手に満員電車が無くなると考えていたのだったらかなり問題ですよね。

しかも、昨今のコロナ禍において、終電時間を早める施策を行い、逆に電車が混むという本末転倒な愚策を行なっていました。

国民から総ツッコミを受けたこの愚策。
本当に何を目的にしたのか意味がわかりません。

政治家がこんな調子ですから、東京都では満員電車がなくなることはもうないでしょう。

テレワーク推進と言っても、出来る企業はすでにしていわけで、今後テレワークが加速するということは考えづらいですよね。

今後も電車通勤は受け入れる必要があるでしょう。

であれば、それを活用する方法を考えるほうが建設的です。

通勤だけで往復2時間は当たり前

通勤時間は地域によって大幅に差がありますが、首都圏の場合片道で1時間前後というのが一般的でしょうか。

通勤が1時間以内に収まるエリアで住まいを探す人が一番多いようです。

つまり往復で2時間。
24時間のうち2時間をただの移動に費やすわけです。

中には往復3時間かけて通勤している人も決して珍しくはありません。

人生の貴重な時間を移動だけで取られてしまいますので、その損失は計り知れません。

通勤時間が長い人ほど、今回提案する副業を実践したり、働き方を積極的に変えていく必要があると思います。

仕事よりも疲れる電車移動

会社員の方の多くのは仕事よりも通勤時間の方が疲れると感じているのではないでしょうか?

立っているにしろ座っているにしろ2時間というのは、決して短い時間ではありません。

実際に働く前に体力を奪われていますので、仕事の生産性が下がるのも当然です。

日本の会社の生産性が低いのは、電車移動が苦痛すぎるという理由もありそうですよね。

人生で一番無駄な時間が通勤時間

これらのことを踏まえて、電車通勤の時間は、人生で一番無駄な時間と言えるでしょう。

電車通勤の時間が無ければ、どれだけ自分の人生に使える時間が増えるのか。

また、電車通勤お時間をビジネスに当てることができたら、一体どれくらいの収益を生むことが可能なのか。

それを今一度考えるべきだと思います。

電車移動中にスマホでゲームをしているだけ、音楽を聞いているだけという人もいるかもしれません。

趣味や娯楽の時間として割り切るのも手段かもしれませんが、どうせならこの時間をお金に変えてみてはどうでしょう?

スマホさえあれば、電車内でも十分副業ができる時代です。

本当に副収入を稼ぎたい方は、通勤時間を有効活用していきましょう。

通勤時間の有効活用方法

それでは早速ですが、通勤時間を有効活用するための方法について解説していこうと思います。

どれもやろうと思えば簡単にできる作業ですので、すぐに実践していきましょう。

用意するものはスマホのみです。

ノウハウの学習

まず行えることとしては勉強です。

いわゆるインプットの作業になります。

多くの方はネットビジネスで稼ぐ方法についてノウハウを勉強してから始めると思いますが、それは通勤時間でも行えることです。

カリキュラムのPDFをみたり、講義動画を見たりしてノウハウの学習時間に当てましょう。

そうすることによって無駄な時間で自分の知識を増やすことが可能になります。

普段家に帰ってから勉強しようとしても、なかなかやる気が出なくて進まないと思います。

なので電車の中で勉強してしまって、家に帰ったらそれを実践するという流れが効率良いと思います。

リサーチ作業

続いてできることとしてはリサーチ作業になります。

ネットビジネスを行う上で、リサーチというのは非常に重要になります。

例えばこのようなリサーチ作業があります。

  • キーワードリサーチ
  • 競合リサーチ

ネットビジネスで稼ぐ上で、キーワードのリサーチはもっとも重要な部分になります。

どんなビジネスを行うにしても、キーワードを基準に取り組んでいくことになりますので、キーワードのリサーチ作業は電車内で行なってしまいましょう。

ブログのネタやYouTubeのネタ、アプリのネタのリサーチ作業がここで終わると、あとは実践するだけです。

無駄な時間を活用する手段としてかなり有効ですので、日頃からキーワードリサーチをする癖をつけておきましょう。

また、競合リサーチも同時に重要になります。

自分と同じジャンルのビジネスを行なっているアカウントをリサーチして、成功している人の特徴などを学習します。

この作業も自分が成功する上で非常に重要になりますので、競合のリサーチは必ず行なっておきましょう。

軽作業

続いては軽作業です。

軽作業はビジネスを行なっていると出てくる、ちょっとした事務作業です。

エクセルでデータをまとめたり、ちょっとした作業をスマホやタブレットで行なってしまうことで、時間を効率よく使いましょう。

特に今の時代、スマホでもエクセルなどのツールを利用することが可能です。

なので、ちょっとした事務作業などは通勤中に行なってしまうのが良いでしょう。

営業活動

続いてスマホでできる作業として営業活動があります。

一番簡単なのは、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトの案件に応募をする作業です。

この作業はスマホだけで簡単にできますので、空いている時間に行うのが良いでしょう。

またSNSなどを通して、仕事を取ってきたりと、昨今の営業活動はネット上でほとんどできます。

そういったこともスマホだけで通勤時間中にできますので、自分の仕事を取ってくるという作業も通勤時間中にやってしまいましょう。

SNSの更新作業

続いてはSNSの更新作業です。

ネットビジネスで稼ぐ上で、SNSを利用するのは必須の時代です。

面倒なSNSノ更新作業ですが通勤時間にやってしまいましょう。

ただ、時間帯が微妙だと意味がありませんので、通勤時間に夜20時くらいに投稿する内容を予約セットしておくのが重要です。

そうすれば夜は何もしなくてもSNSの更新が可能ですので、SNSの更新作業をするというのもオススメの作業になります。

電車内でも出来る副業

それでは電車内でもできる副業についても紹介していきます。

スマホ作業だと若干やりづらい部分も出ますが、何もしないよりかはマシです。

パソコンでできることは、大抵スマホでもできますので、多少不便ですが少しでも作業を進めることをオススメします。

転売の出品作業

まず転売を行なっている方は、必ず商品の出品作業を行なっていると思います。

多くの方はメルカリなどのフリマサイトで売っていると思いますので、それらの出品作業をスマホで行うのが最適でしょう。

それらのサイトは、スマホで利用することが前提に作られているため、使い勝手は良いはずです。

また出品作業と同時に、購入者への対応も同時に行えます。

コメントの返信や出品内容の確認、そしてそれらをエクセルにまとめておけば、家に帰ったあとすぐに出品を行えます。

転売は意外と手間がかかるビジネスですので、こういった隙間時間でいかに細かい作業を終わらせておくのかが重要になります。

転売を行なっている方は、通勤時間を有効活用して取り組んでみましょう。

画像動画編集

続いては画像や動画の編集です。

これらの作業は高性能なパソコンで行うという印象が強いと思います。

しかし、昨今のスマホは高性能化が進んでおり、スマホでも画像や動画の編集ができる時代になっています。

また、Photoshopや各種動画編集ソフトは、タブレットやスマホでも利用できるように進化しています。

なので、画像の編集や動画の編集も通勤時間にやってしまいましょう。

特にテンプレートを事前に用意している画像編集では、スマホの作業で10分程度で仕上がると思います。

そうなると、通勤時間だけで数千円の副収入を稼げますので、それを毎日行えば相当稼げますよね。

また動画編集は流石に処理が重すぎると思いますが、カット作業だけであれば、どのソフトで行なっても仕上がりは同じです。

なので、通勤時間内にカットだけ行なって、残りは家でやるという工夫の仕方で、効率化が可能です。

お小遣い稼ぎサイト

続いてはお小遣い稼ぎサイトです。

このサイトは、アンケートやゲームをするだけで、お小遣いを稼げるサイトですので、電車内で行う副業として最適です。

アンケートならスマホだけですぐにできますし、なんならゲームをして稼げるのであれば、暇つぶしがてら最適でしょう。

また、自己アフィリエイトのように、モニター応募によって稼ぐことも可能です。

なので、興味のあるモニター案件を探して申し込みをするという作業を通勤時間に行うことによって、さらに稼ぐことが可能になるでしょう。

お小遣いサイトも電車内でできるお手軽な副業としてオススメです。

トレード

FXなどのトレードを行なっている方は、電車内でも行うことが可能でしょう。

ただ、回線速度や時間帯の影響で、そこまでうまくはできないでしょう。

やるとなったらスキャルピングなどの短期トレードになると思いますし、そうなってくると、回線速度などの瞬発力が必要です。

電車内でそれが上手くできれば良いのですが、普通の方がトレードを副業にして稼ごうとすること自体無理がありますので、参考までに紹介しておきます。

実はアプリも作れる

そして私が一番得意としているアプリビジネスも、実は電車内で行えます。

先程のリサーチ作業はもちろんのこと、スマホだけでスマホアプリを作ることも可能です。

弊社が提供しているアプリ開発ツールは、ウェブブラウザ上で動作するシステムなので、スマホからツールにログインすれば、パソコンと同じようにアプリが作れるのです。

やることはちょっとした文字の入力だけですので、通勤時間だけで一つのアプリが出来てしまうくらいです。

電車内でアプリが作れてしまえば、月間に作れるアプリの数も増えますので、稼げる確率がより上がります。

なので、今実践している人もこれから実践する方も、この点は意識しておきましょう。

通勤時間にアプリを作って稼ぎませんか?

通勤時間でできる副業についていくつか紹介しましたが、その中で一番稼げるのがアプリです。

スマホで作れてしまうお手軽さの割りに、アプリがダウンロードされた時の収益はとても高く、それだけでも月収5万円は誰でも達成出来てしまう範囲です。

無駄な通勤時間をお金に変える手段としてもっとも有効的ですので、少しでも興味がある方は、こちらから無料ウェビナーにご参加ください。

ABOUT ME
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。ただ今LINE@フォローで「誰でもアプリメーカー」+「副業ビジネスガイドブック2020」を配布中! 詳しくはこちら → https://line.japan-asp.com/lp/aso/450a
大副業時代を生き抜く!ための「ネットビジネス講義」

多くの副業難民を救ったアプリビジネスのノウハウの集大成を完全無料で公開!
運営実績5年以上、指導実績1200名を超えて月収100万円以上の実績者を多数輩。

最高月収867万円達成者も語る「時間」や「場所」に縛られない理想的な副業ライフを手に入れるための特別レッスンを今すぐ受け取ってください!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です