個人で稼ぐアプリビジネス入門

アプリをアフィリエイト広告で収益化する基本戦略

こんにちは。上田です。

いよいよ緊急事態宣言が解除され、オリンピックに向けて動いてきましたね。

オリンピックを行えば感染者が減ることはもちろんないでしょうから、今後もしばらくは警戒が必要ですよね。

オリンピックの経済効果も期待したいところですが、赤字開催はほぼ確定みたいですから、結局お金に困る方が増えるのは確実です。

そこで給付金について気になっている方が多いと思いますが、最近紹介した給付金として月次支援金があります。

一昨年、もしくは去年の売り上げから50%以上売り上げが下がっていれば、毎月10万円もらえる給付金になります。

そしてこの給付金とさらにプラスして貰える給付金が東京都から発表されています。

この手の給付金は、国から支給されるものにプラスして、都道府県が独自に上乗せすることもあるため、都度調べることをお勧めします。

今回見つけたのは、東京都中小企業者等月次支援給付金です。

この給付金は国から支給される金額にプラスして、東京都から月2万5千円の上乗せを貰える制度です。

条件も比較的緩くなっているので是非チェックしておきましょう。

アプリのキャッシュポイント

さて、本日のメインテーマである、アプリとアフィリエイトを組み合わせて稼ぐ方法について解説していきます。

その前にアプリで使えるキャッシュポイントについて復習していきましょう。

基本的にネットビジネスで稼ぐためには、キャッシュポイントから逆算して戦略を立てる必要があります。

その上で、世の中にはどんなキャッシュポイントがあるのかを知っておくことによって、アイデアの幅が一気に広がります。

色々なキャッシュポイントを知るだけで、案件を見ただけでどのように収益化していけば良いのか、簡単に道筋を立てることが可能です。

ですのでまずは、アプリのキャッシュポイントから把握していきましょう。

詳細についてはこちらの記事で解説しています。

基本的にはアプリのキャッシュポイントは以下になります。

  • クリック型広告
  • アフィリエイト広告
  • お小遣い稼ぎ案件
  • 自社案件

クリック型広告

まず代表的なのがクリック型広告です。

クリック型広告は設置するだけで稼ぐことが可能ですので、行うこととしてはアクセスを集めることです。

アクセスさえ集めれば自然と収益が増えますので、初心者向けの広告として活用している方が非常に多いです。

クリック型広告を利用する場合、アクセス重視の運用方法が一番最適です。

トレンド系などアクセスは集まるものの、ユーザーの属性が薄い時にクリック型広告を利用すると収益を最大化することが可能です。

このように、むやみやたらクリック型を選択するのではなく、集客の方法に合わせて最適な広告を設置することをお勧めします。

アフィリエイト広告

続いてはこの記事でメインで取り扱うアフィリエイト広告です。

アフィリエイト広告を利用するのは、よりニッチなジャンルになります。

トレンドネタほどアクセスはありませんが、ユーザーの悩みが強く、検索数的にはそこまで多くない代わりにライバルも少ないジャンルがお勧めです。

この時、よりユーザーの悩みが強いジャンルを選ぶと、より成約率が上がります。

特に美容、ダイエット系など、コンプレックスを抱えやすいジャンルほど稼ぎやすいでしょう。

ただ、アフィリエイト広告を利用する場合、よりビジネス的な工夫がたくさん必要になります。

ライティングテクニックを使ったり、成約率を高めるための工夫が必要になりますので、その点は今後経験していきましょう。

お小遣い稼ぎ案件

続いてはお小遣い稼ぎ案件です。

こちらは主に、お小遣い稼ぐサイトになります。

作るアプリによっては、お金稼ぎに関連づけることが可能なジャンルもあります。

その場合、怪しい商材を紹介するのでしたら、お小遣いサイトを紹介した方が成約率は高くなるでしょう。

お小遣いサイトは無料で登録することが可能で、なおかつユーザーがお小遣いを健全に稼げるサイトです。

ユーザーが稼げば稼ぐほど、自分にも報酬が入りますので、長期的な報酬としても非常におすすめのキャッシュポイントになります。

自社案件

続いては自社案件です。

こちらについては、実践しているビジネスの内容によって無限大にあります。

自分が美容室を経営しているのであれば、美容室の紹介をしてもOKですし、何かツールを販売しているのであれば、その広告を貼ればOKです。

メルマガやラインのリストを集めるために使うことも可能ですので、自社案件についてはネタが無限にありますので、工夫していきましょう。

ただ、自分の案件を持っている方が珍しいので、まずは広告で稼ぐことを優先していきましょう。

おすすめのアフィリエイトASP

では、アフィリエイトをキャッシュポイントにする場合、どのようなサイトで広告を取得すればいいのかについて紹介します。

基本的にはメジャーなサイトに登録しておけば、大抵の案件は見つかります。

紹介しきれないほど多種多様な案件を発見できますので、一通り見ておきましょう。

  • a8ネット
  • アクセストレード
  • afb
  • バリューコマース
  • その他

a8ネット

https://www.a8.net/

まずは超王道のa8ネットです。

このサイトはアフィリエイト広告サイトの最大手ですので、登録は必須です。

ここに登録しておくだけでも、大抵の広告は見つかりますので、非常にお勧めです。

登録も簡単ですしすぐに利用可能ですので、いますぐ登録しておきましょう。

アクセストレード

https://www.accesstrade.ne.jp/

続いてはアクセストレードです。

こちらについても大手のASPになりますので、登録しておいて損はありません。

a8ネットにない案件もいくつかありますので、両方登録して案件を見ていくとかなりアイデアの幅が広がると思います。

afb

https://www.afi-b.com/

続いてのafbについても大手のASPになります。

こちらも少し特殊な案件がありますので、上記の二つに登録して案件がなかった場合、こちらから探すと良いでしょう。

ASPは登録が完全に無料ですので、多くのサイトに登録しておくことによって、お得な案件に出会いやすいです。

どのASPにも共通して出稿されている広告がありますが、サイトによって報酬が違いますので、その点にも注目しておきましょう。

バリューコマース

https://www.valuecommerce.ne.jp/

続いてはバリューコマースです。

こちらも大手の広告サイトですが、特にスマホ向けの案件が多い印象です。

なので、スマホアプリのキャッシュポイントとして相性が非常に良いです。

ゲームアプリなどの広告もありますので、アプリとの相性がよく紹介がしやすいのではないでしょうか。

メジャーな案件からマイナーな案件まで、沢山の選択肢がありますので、チェックしてみましょう。

その他

そしてASPになくても、世の中には様々な個別案件があります。

例えば仕事を紹介したいのであれば、ランサーズのアフィリエイトも可能です。

また、過去に稼いだ事例として、出会い系サイトのアフィリエイトも選択肢としてあります。

大抵の場合、ASPを通さずに直接紹介した方が報酬が高いことがあるので、各サービスを見た時に、アフィリエイト機能がないのかをチェックしてみましょう。

ここ最近、アフィリエイトを解禁する企業が多いので、紹介できる案件は無限にありますよ。

クイズアプリのアフィリエイト戦略

では上記の情報を踏まえて、各アプリでどのような戦略でアフィリエイトを行えばいいのかについて解説していきます。

まずはクイズアプリですが、紹介する商品に関する情報をクイズ形式で学べるというコンセプトでいくのが無難でしょう。

例えばダイエット商品を紹介するとします。

その場合、ダイエットに関する正しい知識を学ぶためのクイズを作ります。

そしてクイズの正答率が表示される最後の画面にアフィリエイト広告を貼ります。

自然な流れで、あなたにオススメのダイエット商品という紹介をすることで、そのままの流れで購入してくれることがあります。

重要なのは商品を成約させるためのクイズを作って、ユーザーを教育していくという点です。

もし飲むだけのサプリを紹介するのであれば、クイズの問題はこうします。

痩せたければとにかく運動をしまくればいい?

①はい
②いいえ

正解:いいえ
解説:いくら運動をしても体の体質を変化させないと意味がありません。

そして、最後の画面で、胃腸の善玉菌を増やして体の中から痩せるサプリを提案するという流れです。

このようにただクイズで遊んでもらうだけではなく、ユーザーを教育する目的でクイズを問題を解いてもらいましょう。

そうすることによって、商品の成約率を上げることが可能になります。

診断アプリのアフィリエイト戦略

続いては診断アプリのアフィリエイト戦略です。

診断アプリはクイズアプリと同じ性質がありますが、よりパーソナルな情報を診断できますので、属性分けが容易に可能です。

ここでは診断結果によって紹介するアフィリエイト商品を変え、より成約率を上げることが可能になりますので、活用できれば強力です。

ひとまずよくあるダイエット商品をアフィリエイトする前提にしましょう。

アプリのテーマとしては、最適なダイエット方法を診断するアプリです。

ここでユーザーの属性を分けていきます。

診断1:性別
診断2:年齢
診断3:職業
診断4:年収
診断5:運動が好きか否か
診断6:ダイエット経験の失敗の有無

このような情報を取得していきます。

これらの情報を集めることによって、ユーザーの属性がはっきりします。

アフィリエイトする商品というのは、適切な属性というのがあります。

40代の会社員男性に最適な商品と20代主婦の女性に最適な商品は全く異なるのです。

また年収も意外と重要で、その人の経済レベルを見ることによって、商品の価格帯を分けることが可能です。

学生や低年収の方には手頃な安めな商品。

富裕層にはパーソナルジムなどの高単価の案件を紹介します。

このようにユーザーがどのような人物なのかを診断することによって、よりその人にとって最適な広告を提案できるのです。

あとは診断結果で、あなたにおすすめのダイエット方法として案件を紹介すればいいのです。

アプリを使ってここまで本格的にビジネスをしている方は少ないので、やってみれば成果が出せると思いますよ。

読み物アプリのアフィリエイト戦略

続いては読み物アプリのアフィリエイト戦略です。

読み物アプリはブログ形式のアプリですので、ブログで稼ぐ方法に近いです。

紹介方法は基本的にはセールスライティングで攻めるのが良いでしょう。

例によってダイエットについて題材にするのであれば、ダイエットに関する基本的な情報をブログ形式で解説します。

そして最後のページをランディングページとして公開します。

クッションページとも呼ばれていますが、アフィリエイト商品を成約させるためのセールスライティングを施したページを専用に作り、最終的にアフィリ商品に誘導します。

こちらについてはかなりの経験がいるので上級者向けとなりますが、YouTubeなどに流れてくる広告をクリックすると、アフィリエイターが作ったクッションページを見ることが可能ですので、それらから学習して作っていきましょう。

動画アプリのアフィリエイト戦略

続いて動画アプリのアフィリエイト戦略ですが、基本的には広告を貼ることくらいしかないでしょう。

動画アプリは動画をまとめて見てもらうことが基本です。

ですので、アプリ内のバナー広告に、動画に関連する商品のアフィリエイト広告を貼るというシンプルな戦略が良いと思います。

ダイエット商品を前提にするのであれば、フィットネスの動画をまとめアクセスを集め、そこに関連商品の広告を貼ります。

シンプルにダイエット器具でも良いですし、逆に楽して痩せれそうな商品を貼って誘惑をするのも手です。

このようにアプリでのキャッシュポイントは無限に設置可能ですので、頭を使いながら色々試していきましょう。

アプリを使ったアフィリエイトで稼ぎませんか?

私が運営しているアプリ開発コミュニティでは、さらに詳しいアフィリエイトの戦略を公開しています。

アフィリエイト広告は、クリック型広告よりも高単価を稼げますので、活用次第ではとんでもない報酬を稼ぐことも可能です。

しかもまだライバルが非常に少ないジャンルですので、プログラミング不要のアプリ開発で稼いでみたい方は、こちらから無料ウェビナーに参加をしてください。

ABOUT ME
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。ただ今LINE@フォローで「誰でもアプリメーカー」+「副業ビジネスガイドブック2020」を配布中! 詳しくはこちら → https://line.japan-asp.com/lp/aso/450a
大副業時代を生き抜く!ための「ネットビジネス講義」

多くの副業難民を救ったアプリビジネスのノウハウの集大成を完全無料で公開!
運営実績5年以上、指導実績1200名を超えて月収100万円以上の実績者を多数輩。

最高月収867万円達成者も語る「時間」や「場所」に縛られない理想的な副業ライフを手に入れるための特別レッスンを今すぐ受け取ってください!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です