ネットビジネスコラム

FX VS アプリ 投資系の副業とビジネス系の副業を比較

こんばんは。上田です。

先週全国セミナーから帰ってきてちょうど一週間経ちました。

ちょうど東京オリンピックのピークを避けて遠征で来たつもりでしたが、帰ってきてからのほうがコロナが大流行していますね…

さてこのところアプリと他のビジネスを比較するテーマで記事を更新してきましたが、今回のテーマは、FXとアプリの比較になります。

世の中には人気の副業が多々ありますが、その中で特に人気が高いのが、以前に解説したブログアフィリエイト、そしてFXです。

ブログとFXは10年くらい前から非常に人気の副業で、どちらかを選択する方が非常に多いです。

実際、FXを教えている講師の人もかなり多く、初心者の参入も多い業界です。

ちなみに上田は過去に、FX系の雑誌を出版したことがあるので、FXで稼いでいるトレーダーを何人か知っています。

しかしその一方、FXで痛い目に会う人も多いのが現状です。

ですので今回は、投資系の副業で一番人気のFXとアプリビジネスを比較したいと思います。

FXとは?

まずはFXについての概要を解説したいと思います。

FXとは簡単に言うと、外国の通貨に両替をして、価格の変動で利益をえる方法になります。

一般的には為替取引と呼ばれているもので、日本円とドルを交換したり、それをユーロにしたりすることで、価格差で稼ぐことができます。

投資系の副業では、取り組みやすいFXが一番の人気となっており、日本人の個人投資家でFXを行っている方がかなり多いです。

国内で投資系のイベントを行えば、多くの企業がブースを構えるほどFXの市場は大きく、講師業として成功する方も多く出てきています。

その一方、FXはリスクもありますので、そう簡単には稼げないのも現実です。

うまくいけば少資金から一気に大金を稼ぐことが可能ですが、そこまで上手くいくのはごく一部ということも覚えておきましょう。

FXってギャンブルなの?

FXと聞くと、多くの方はギャンブルを連想すると思います。

やはりニュースを見ていると、FXで破産した人の方が目立つので、その印象を持つ方が多いでしょう。

FXのギャンブル性について、確かに何も考えずにトレードしているとギャンブルに近いものになりますが、やり方によっては手堅く運用することも可能です。

なので、FX=ギャンブルというのは少し違うと思います。

簡単なことではありませんが、FXを投資として運用することも可能ですので、副業の選択肢としては残しておくのはアリだと思います。

株との違いは?

続いては、FXとよく比較される株との違いについて触れておきます。

FXは国の通貨を売買するのに対し、株式トレードの場合は企業が発行した株式をトレードします。

この株式は企業の信用や期待に基づいて価値が保たれているので、ある程度の資産になると言う一面があります。

直ちに倒産することが考えにくい大手企業の株を所有しておけば、それが通貨の代わりになる資産になります。

また、株特有の株主優待や配当というのももらうことが可能ですので、その点もFXとは違いますね。

株を所有するということは、その企業の一部のオーナーになるということですので、ある意味企業経営に少し携わることになります。

株数が多ければ、議決権が与えられ、会社の方針を決める際に投票することが可能ですので、株の方が少しお堅い投資と言うイメージです。

なので、FXのような激しいトレードせずに、一定の資金を企業にベットして稼ぎたい方は株が向いています。

バイナリーオプションとの違いは?

FXと似たような副業として、バイナリーオプションというものが一部で行われています。

このバイナリーオプションとは、為替相場を基準に、今から相場が上にいくのか下にいくのかを当てるゲームのようなものです。

こちらも稼ぐ系のノウハウはいくつかあるようですが、FXよりも明らかにギャンブル性が高い方法になります。

ほぼ博打ですので、上田的にはお勧めしません。

バイナリーを行うくらいでしたら、FXを行って方が良いでしょう。

FX副業の種類

続いては、FXの副業の種類について紹介していきます。

同じFXでも、様々な種類の方法がありますので、まずはそれを把握しておきましょう。

トレードスパン

まずはトレードスパンを基準にしたトレード方法の種類についてです。

ポジションを保有している期間によって、その呼び方が変わってきますので、基本用語として覚えておきましょう。

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード

スキャルピング

まずスキャルピングが一番保有期間が短いやり方です。

数秒〜数分の間で、売り買いを繰り返しますので、一番忙しいトレード方法になりますね。

稼げる金額は少ないですが、短期スパンでコツコツと資金を稼ぐことが出来るのが特徴的です。

デイトレード

続いてはデイトレードです。

デイトレードは、1日の中で完結させるトレード方法です。

主に1日ごとに収益を出しますので、区切りが良く、実践している方が多いです。

他の仕事をしながらでも、たまにチャートを見てトレードできるので、その点でも副業として実践している方が多いです。

スイングトレード

続いてはスイングトレードです。

こちらは数日〜数ヶ月単位でポジションを保有する手法です。

放置する期間が長いため、手間は少なく収益も大きくなりますが、先を見通す能力が必要になります。

含み損を抱える額や期間も多くなりますので、ストレスも多く、忍耐が必要な手法と言えるでしょう。

トレード方法

続いてはトレード方法による違いです。

主に3つの方法が人気となっています。

  • 裁量トレード
  • シグナル配信
  • 自動売買

裁量トレード

裁量トレードは、自分のスキルと勘でトレードをする最も原始的なやり方です。

自分のスキルが収益に直結しますので、これで勝つには相当な熟練が必要になります。

トレードを支援するインジケーターと言うツールを利用することも多いので、それを使った副業は人気となっています。

シグナル配信

シグナル配信は、売り買いのアドバイスが通知されて、その通りに売り買いを行う手法になります。

基本的にはトレーダーにお金を払ってシグナルを受信するので、とても楽にできます。

ただ、シグナル発生時を見逃したり、損切りができなかったりと、タイミングが合わないと悲惨になります。

ですので、自分のライフスタイルとあったシグナル配信を受ければ、上手くいく可能性が高まります。

自動売買

続いては自動売買です。

自動売買は、一度システムを設置することによって、あとはシステムが自動で取引をしてくれるやり方です。

自動売買が最近一番人気で、多くのツールが出回っています。

ただ、本当にうまく稼げるツールはほとんどなく、それだけに依存して人生安泰は無理です。

やはりそこにもある程度の裁量が入ったりして、調整していく必要がありますので、その点は覚えておきましょう。

FXのメリット

続いては、FXのメリットについて解説していきます。

  • 稼げるスピードが早い
  • 稼げる金額が大きい
  • 自動で出来るシステムがある
  • 少資金からでも出来る
  • 一生もののスキルになる

稼げるスピードが早い

まずは稼げるスピードが早いというメリットがあります。

基本的にFXは口座開設をして入金したその日に稼げます。

相場がうまく動けばですが、即日すぐに稼ぐことが可能というメリットは、ある意味即金系の副業とも言える要因になり得るでしょう。

稼げる金額が大きい

続いては、稼げる金額が大きいという点です。

FXでは一攫千金と言うイメージが強いと思いますが、相場が急変動したりして、うまくプラスの方向にいけば、一気に荒稼ぎすることも可能です。

その代わり、負けた時に大損することもありますが、一応FXにはロスカットいう概念があります。

一定以上の損をしないように設定しておけば、そこで自動的に損切りされる仕組みです。

なので、損についてはある程度限定できて、プラスの部分については、波に乗ることができれば、無限に稼げることになります。

その点では夢があると言えるでしょう。

自動で出来るシステムがある

続いては、自動で出来るシステムがあるという点です。

先ほど紹介した自動売買では、何もしなくても収益を得ることが可能です。

ですので、自動売買でうまくいけば、不良所得に繋がります。

自動売買の中にも、手堅い運用が出来るシステムもありますので、欲張らずに手堅い運用だけで満足できれば有効活用できるでしょう。

少資金からでも出来る

続いては少資金からでもできるという点です。

資金があるに越したことはないですが、レバレッジを活用すれば、少資金からFXを開始することが可能です。

5万円くらいは最低欲しいですが、やろうと思えば5千円からでも可能です。

その点、資金のない初心者にはありがたいことでしょう。

一生もののスキルになる

そしてFXは為替市場がある限り、この先ずっと存在しています。

なので、FXがなくなることはないでしょう。

その点において、市場がなくなるというリスクがないので良い点です。

一度マスターしてしまえば、この先もずっと稼ぐことが可能ですので、その点も大きなメリットになります。

FXのデメリット

続いては、デメリットについても解説しておきます。

  • 損するリスクがある
  • スキルが必要
  • 時間を取られる
  • 世界情勢の影響を受けやすい

損するリスクがある

まずは損するリスクがあるという点です。

この点は、あらゆる副業の中でもダントツリスクが高いです。

転売は損をする可能性もありますが、それは買った商品分に限られますし、赤字でも他で売ればある程度回収可能です。

しかしFXの場合、軍資金のほとんどを失う可能性もありますし、最悪の場合、追証になる可能性もあります。

その場合、自分の負債になって後で返済が必要になりますので、破産リスクもあります。

それが最大のデメリットでしょう。

スキルが必要

続いてはスキルが必要という点です。

FXトレードには高度なスキルが必要になりますので、初心者が勘で勝つのは無理があります。

プロでも負けて引退することもある世界ですので、常にリスクとの戦いです。

なので、これで稼ぐには相当な覚悟は必要になります。

時間を取られる

手法にもよりますが、画面に張り付いてトレードする必要があるため、生活に支障がでます。

特に相場の世界では、海外のニュースや指標の発表で動くこともあるため、日本時間のライフスタイルを合わないこともあります。

いつ相場が変動するのかわからないため、時間を取られるというデメリットもあります。

世界情勢の影響を受けやすい

続いては、世界情勢の影響を受けやすいという点です。

ブログやアプリでは、世界で何かが起きても、直ちに影響はありません。

ただ、為替にはそれがもろに影響しますので、注意が必要です。

地震などの災害が起きた場合でも変動することがありますので、そのリスクがあるのはデメリットになるでしょう。

FX VSアプリまとめ

以上の点を踏まえて、FXとアプリビジネスを比較していきます。

アプリビジネスのメリットとデメリットについては、こちらの記事で解説していますので、参考にしてください。

早速ですが、FXとアプリビジネスの比較表をお見せします。

FXアプリ
初期費用5万円3千円
ランニングコスト無料無料
スキル必要不要(ツールあり)
キャッシュポイント一つ無限
不労所得可能可能
ライバル多い少ない
収益化期間即日〜1週間〜
コンテンツ作成手間簡単
ブランディング強い強い
アカウントリスクありあり
需要高い
資産性
外注化不可能可能
損失リスク高いなし

比較するとこのようになります。

やはり一番のポイントとしては、リスクの部分と収益の安定性にあるでしょう。

FXの場合、副業でお金を稼ぐはずが、逆にお金を失ってしまうリスクがあるので、その点が致命的になります。

また、FXは一時的に稼げたとしても、その後に安定して稼げる可能性は低いです。

収益が不安定という点も不安な要素であります。

これらを考えると、FXは一攫千金を稼げるチャンスがありますが、その分損失リスクが高い、ハイリスクハイリターン型の副業になります。

アプリビジネスは、一攫千金のチャンスもありますが、損失を被るリスクがほぼありませんので、その点で優れていると、客観的に判断できます。

FXを行う前にアプリビジネスで資金を稼ぎませんか?

上記を見ると、FXのデメリットが目立ちますが、FXは稼げないというわけではありません。

余剰資金で行えば、手間が少なく稼げる魅力的な副業です。

ただ、余剰資金が少ない方は、リスクが大きいので避けた方が良いです。

なので王道のステップとしては、手堅いネットビジネスで稼いで、その後に投資を行うというステップです。

まずはアプリビジネスで稼ぎ、そこで稼いだ資金をFXに使って稼いでいきましょう。

アプリビジネスで稼ぐ方法については、下記のウェビナーで無料でお教えしていますので、興味がある方はご参加ください。

ABOUT ME
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。ただ今LINE@フォローで「誰でもアプリメーカー」+「副業ビジネスガイドブック2020」を配布中! 詳しくはこちら → https://line.japan-asp.com/lp/aso/450a
大副業時代を生き抜く!ための「ネットビジネス講義」

多くの副業難民を救ったアプリビジネスのノウハウの集大成を完全無料で公開!
運営実績5年以上、指導実績1200名を超えて月収100万円以上の実績者を多数輩。

最高月収867万円達成者も語る「時間」や「場所」に縛られない理想的な副業ライフを手に入れるための特別レッスンを今すぐ受け取ってください!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です