ネットビジネスコラム

ネットビジネスで中高年や高齢者が失敗しやすい原因 稼ぎづらい理由を解説

こんにちは。アプリビジネスサポートです。

本日の記事は、中高年や高齢者についてフォーカスを当てたネットビジネスの記事になります。

昨今、副業解禁が続々と行われ、副業に取り組む中高年以上の年齢層の方がより増えています。

我々は5年前からネットビジネスの世界に携わっていますが、セミナーなどを開催すると、9割以上は35歳以上の方が占めていました。

ネットビジネスを実践している若者は最近急増しましたが、やはりそれでも中高年以上の方が占めている割合が圧倒的です。

そして、中高年以上の方には、若者にはない様々な欠点が存在しています。

それが原因で、ネットビジネスで失敗しやすかったり、稼ぎづらい傾向が生まれていますので、今まで1000人以上をサポートしてきた経験を元に解説していきます。

多少の独断と偏見も含まれますのでご了承ください。

もちろん、中高年以上でも立派に稼いでいる人は沢山いますので、あくまで稼げないタイプの一例として参考にしてください。

身体能力の衰え

まずはじめに、仕方のない部分ですが身体能力の衰えが多少のハンデになるケースが多いです。

頭の回転、理解力、学習能力の低下により、ビジネスの習得に若者よりも時間がかかります。

これは仕方のないことですが、毎日頭を使って衰えを軽減させたり、継続して頭を活性化させましょう。

これらを言い訳にしてしまったら何も始まりません。

年齢が何歳であれ、新しいことに挑戦することは素晴らしいことですので、楽しみながら実践するのが良いと思います。

自分基準で考えないこと

稀に、マニュアルの内容を理解できない方やツールの使い方を理解できない方がいます。

酷い場合、それをマニュアルのせいにしたり、講師のせいにしたりしますが、それは自分基準で物事を考えているからです。

一般的には誰でも理解できる内容でも、知能が衰えていると理解しづらい場合があります。

その場合、マニュアルが難しいのではなく、自分の能力がないということを自覚しなければいけません。

他の人が出来ているということは、出来ない、わからない原因は自分にあるということです。

自分基準で他者が悪いと決めるのではなく、自分が低い基準にいるということを自覚し、自分が基準に合わせて努力していく必要があります。

ネットリテラシーが低すぎる

次に、全体的に言えることですが、基本的なネットリテラシーやITリテラシーが低いケースが多いです。

若者は子供のことからネットに触れているため、ネット世界に慣れています。

ただ、本業でパソコンを使わない方は、ネットに慣れていないケースが多く、当たり前の知識がないことが多いです。

ラインの使い方がわからなかったりと、世間的に当たり前に使われているツールが使えないと、ネットビジネスでは不利になります。

パソコンスキルの欠如にも繋がってきますが、メールの確認をしっかりしない人が多いですね。

特に、迷惑メールの確認をしない方や、わざわざ届きにくいメールアドレスを使い続ける方も多いです。

携帯キャリアメール問題

ネットリテラシーの有無は、使用しているメールアドレスですぐにわかります。

ezweb
i.softbank
docomo

この3つの携帯キャリアメールは、ネットリテラシーが低い方が使う代表的なアドレスです。

ちなみに、niftyやocnも同様に、リテラシーが低い人が使うアドレスです。

outlook,icloudや設定がしっかりされていない独自ドメインのメールも届きにくいです。

この業界では、このアドレスを使っているという時点で、稼げない人認定されてしまうほど、使っているだけでも恥ずかしいと思った方が良いアドレスです。

なぜこのアドレスがダメなのかというと、メールのフィルターが強いため、多くのメールが弾かれてしまうからです。

ネットビジネスで一番重要な「情報」は主にメールで届きます。

その一番重要な情報を自ら遮断して届かないようにしているのですから、稼げるはずがないのです。

そもそも、ネットビジネスはパソコンを主に使用して行うので、情報をスマホで受け取ると不便も生じるんですよね。

しかも、自分でわざわざ届きにくいアドレスを使っている人に限って、「メールが届いていない」というクレームを出しがちです。

自分に原因があることを自覚すれば良いのですが、酷い場合は、同じことを何回も繰り返し、その度にメールが届かないというトラブルを自ら招く方もいます。

メールの問題はネットビジネスを行う上で大切ですので、上記のアドレスを使っている方にはGメールをオススメします。

常識的なパソコンスキルがない

次に常識的なパソコンスキルがない方が多いというのも、稼ぎづらい原因になっています。

ないのであれば上達すれば良いだけの話ですが、問題なのは上達しようともしない方です。

ネットビジネスは誰でも簡単に出来るという認識は間違ってはいません。

ただし、それは誰でも簡単に出来るパソコン操作が出来ての話です。

ネットビジネスだからといって、努力せず、楽して稼げるという発想はそもそも間違いです。

ネットビジネスで使用するパソコンスキルは、基本的な操作だけでも良いので、せめてそれくらいは身につけましょう。

最低限のパソコンスキルについては、こちらの記事でも解説していますので、参考にしてください。

パソコンはネットビジネスの商売道具

ネットビジネスはパソコンが苦手な人でも出来ます。

ただし、それは苦手を克服してスキルを上達させる向上心があるのが前提です。

苦手なまま初心者を維持して稼ごうとする方がいますが、それは甘えすぎです。

苦手であれば上達させれば良いだけですので、それくらい乗り越えられないとビジネスでは結果を出せません。

パソコンはネットビジネスをする上で一番大切な商売道具です。

タクシー運転手にとっての車と同じで、扱えて当たり前の物です。

パソコン操作が出来ないのにネットビジネスで大金を稼ごうとしている人は、車を運転出来ないのにタクシー運転手になろうとしているのと同じです。

ですので、パソコンは商売道具という意識を持って、必ずスキルを身につけましょう。

パソコンの操作方法は慣れて覚えるしかない

よく。パソコン操作がわかりませんという問い合わせをいただきますが、

「練習して上達してください」としか答えようがありません。

あなたは「車の運転がわかりません」と聞かれたらどう答えますか?

「教習所に行って練習してください」としか答えようがありませんよね。

パソコン操作は毎日いじって慣れるしか上達方法はありませんので、毎日とにかく操作しましょう。

どうしても出来ない人はパソコン教室から始める

どうしても出来ないという方は、パソコン教室から始めることをオススメします。

車の運転は誰もが最初は教習所から始めるものです。

同じように、基本がわからなければ人に教わるのも一つの手です。

ネットビジネスを実践していて、操作面で少しでも難しいと感じた場合、パソコンスキルが低い証拠ですので、検討してみてください。

サラリーマン脳になってしまっている

続いて、サラリーマン脳についてです。

これまでは、スキルや操作面についてでしたが、次からはマインド、思考系の話になります。

スキルの面については、練習すれば誰でも身につけられるので解決は容易ですが、目に見えないマインドの面で弊害が出ているケースが多いです。

それは、今まで何十年もやってきたサラリーマン生活で身についた思考です。

今まで会社に毎日通い、言われたことだけを淡々と行う生活をしてきた方は、自分の頭で考えて行動するという思考が出来なくなっています。

ビジネスと会社員の仕事は全く逆ですから、サラリーマン思考でビジネスを行っても失敗します。

言われたことしか出来ない

マニュアル通りの対応しか出来ない

人に聞かないと出来ない

自分で調べない

自発的に行動しない

こういった癖がついていると、事業主として行っていくビジネスでは成果を出せません。

ネットビジネスは、自分が社長になって行うものですので、言われたことだけをやっていれば、機械的に稼げるという思考をまず辞めましょう。

ビジネスは自発的に行動して、臨機応変に変化に対応し、自己解決していくスキルが求められます。

サラリーマンとビジネスは全く別物という意識を必ず持っておきましょう。

プライドが高く頑固になりがち

続いて、中高年や高齢者の方は、人生経験が長い分、プライドが高く頑固になりがちという傾向があります。

特に今までの人生がそれなりに上手くいってきた方。

学歴が高い方や資格持ち、お堅い経歴がある方などが多いですね。

ネットビジネスを人から教わって身につける場合、一番成果が出づらい性格です。

特にネットビジネスでは講師やサポートの年齢が自分より若いことが多いので、それも一因になっていると思います。

自分より年下から物事を教わることに抵抗を持ち、自己流を抜け出せない方が多いのですが、人から物事を学ぶ以上は、それを素直に受け入れて行動する必要があります。

また、そういった方は結果を出せなかった場合、より人のせいにして騒ぐ傾向にあります。

自分より年下の人が多く成功していることに対する僻みや自分のプライドが傷つくと攻撃的になる方がおり、実際に何年も営業妨害をしてきている人もいます。

人から物事を教わる際は、素直に新しいことを受け入れる必要がありますので、気持ちを入れ替えて、素直に学んでいただきたいものです。

消費者意識が高くクレーマー気質な人が多い

続いては異常な消費者意識や被害者意識についてです。

サラリーマン生活が長い方は、今までずっと消費者としての立場でしか生きてきていません。

消費者というのはあくまでサービスを受け、お金を支払う立場、

対してネットビジネスを行う人は事業者であり、サービスを提供する立場にあります。

全く真逆の立場ですので、もちろん消費者意識が抜けない方は稼げません。

ただこれは仕方のない部分もあります。

多くの方はネットビジネスの教材などを買ってサポートを受けるので、法的には消費者に間違いはありません。

ただ、法的に消費者だからといって、【自分はお客様】という態度でビジネスに取り組んでも結果は出ないです。

自分はお客様という消費者意識を持っている方は、よくこのような発言をします。

稼がせてください

成功させてください

消費者意識の方は基本的に受け身であり、他責、他力本願です。

お金を払っているから稼がせてもらって当たり前という感覚を持っているようですが、その甘えた思考でビジネスの結果がでるわけがないですよね。

ネットビジネスを教えている側として、サービスの提供は行いますが、最終的に結果を出すのは、実践者本人です。

当たり前すぎる話ですが、お客様意識が抜けない方が多いので、この点は意識しながら取り組みましょう。

また、その現実が嫌なのであれば、最初からアルバイトを探した方が良いですし、人から教わらずに、全部1から独学で学べば良いだけの話です。

お客様意識で、結果を他責にするのであれば、最初から独学で起業しましょう。

過剰な被害者意識をしても得はない

ネットビジネスで失敗する多くの方は、過剰な被害者意識を持ちます。

世間的なネットビジネスのイメージや実際詐欺が多い点も原因の一つですが、自分は被害者というアピールをする方が非常に多いです。

ただ、現実的にはただ事業に失敗しただけの人であり、過剰な被害者意識を持つ意味はありません。

ネットビジネスという一つの事業を起業して、それに失敗するのは自己責任ですし、大きなリターンを得るためにリスクを取っているのですから、失敗しても自業自得なのです。

人は元々、失敗した原因を人のせいにして、自分は悪くないと思いたい生き物です。

人のせいにして自分はかわいそうな被害者と主張したい気持ちはわかりますが、そんなことをしていても誰も助けてくれませんので、とにかく反省をして前に進むしか道はありません。

いい年した大人なのですから、自分の失敗原因を分析して、次のビジネスに生かしましょう。

リアルでの経験実績でおごりがある

最後に、プライドの部分にも通じることですが、現実社会での経験や実績でおごりがある方もたまにいますね。

特にリアルでの商売、ビジネスを長年やってきた中小の事業主に多いです。

ある程度実業で結果をだし、今まで生活をしてきた方は、自分に実力があると過信している傾向にあります。

しかも、そういった方の多くは、パソコンを使わない古典的商売を行ってきた方で、その商売が衰退し、ネットビジネスに興味を持った人が多いです。

さらに、パソコンスキルが全くないというケースが多く、「ネットなら簡単に稼げると思った」という、今まで事業をやってきたとは思えない思考の人もいるので驚きです。

しかしながら、リアルでの実力が大学院生レベルでも、それがネットビジネスの世界となると、幼稚園レベルですので、そのギャップでプライドが傷ついてしまうんですよね。

サポートへの態度もデカく、自分はわかってる風なのですが、結果を出せないとなると、都合の良い時だけ消費者意識を全開にだすという一番厄介なタイプです。

完全初心者なら素直に学んでくれる方が多いのですが、中途半端に結果を出している方だと、自分の過去が邪魔をして、素直に学べないのが欠点になっています。

過去の成功経験の良いところを活かすのは良いですが、自分の実力を過信しすぎるのもよくありません。

ネットビジネスという初めての世界に入るのでしたら、心機一転して素直に1から学ぶ姿勢が重要になります。

その点を忘れないようにしましょう。

中高年や高齢者でも稼げるのがネットビジネス

最後になりますが、この記事では、中高年や高齢者が稼ぎづらい原因を解説しましたが、何も稼げない訳ではありません。

もちろん、このような特徴のない方で稼いでいる方はたくさんいますので、あくまでごく一部の酷い事例です。

今までの社会人経験が長いゆえに発生しているデメリットですが、どれも改善は簡単にできるものですので、該当している方はすぐに改善することをおすすめします。

この先、本業がいつまで続くのかもわかりませんし、老後資金の問題もあるので、副業はどちらにせよ必須になります。

そして、副業をするのであれば、アルバイトを探すよりも、今からネットビジネスのスキルを身につけて稼ぐ方が現実的です。

もしこれから若者に負けずに稼ぎたい方は、ネットビジネスの中で我々が一番得意としているアプリビジネスをお教えしますので、興味があればライン登録をお願いします。

ABOUT ME
上田幸司
上田幸司
DACOON株式会社 代表取締役 早稲田大学に入学後、在学中にシステム会社を設立。 開発者として様々なシステムを開発する傍ら、レンタルサーバーの運営、世界各国でのセミナー活動、ネットビジネスのコンサルティングなど、多ジャンルで活躍。ただ今LINE@フォローで「誰でもアプリメーカー」+「副業ビジネスガイドブック2020」を配布中! 詳しくはこちら → https://line.japan-asp.com/lp/aso/450a
大副業時代を生き抜く!ための「ネットビジネス講義」

多くの副業難民を救ったアプリビジネスのノウハウの集大成を完全無料で公開!
運営実績5年以上、指導実績1200名を超えて月収100万円以上の実績者を多数輩。

最高月収867万円達成者も語る「時間」や「場所」に縛られない理想的な副業ライフを手に入れるための特別レッスンを今すぐ受け取ってください!

関連記事

記事への質問や疑問があればお気軽にコメントをください↓

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です